神奈川・横浜のセフレ体験談

MBA blog

ハッピーメール 横浜で出会ったセフレ

横浜のセンスいい子をセフレにしたい!

更新日:

横浜の女の子ってセンスがいいよな…
そう思った事は、ありませんか?

僕の彼女は横浜好きで、よくデートで訪れるんです。

その度に、すれ違う女の子のセンスがメッチャイイと思ってました。
(それに比べ、僕の彼女はグタグタだな…と)

横浜駅の周りには欅坂にでもいそうな、アイドルっぽい女の子が多いと思います。

そんな横浜のイケてる女の子たちを見ると、つい彼女と比べちゃって…
考えてしまう今日この頃。

今の彼女だけでいいのか?

もし横浜のセンスの良い子をセフレにできたなら最高!

そんな時、ネットでハッピーメールを知ったのです。

横浜のセンスいい子はハピメで探す!

ハッピーメールはいわゆる出会い系サイト。

そういうツールに集まる女の子って、いかにもプロって感じの子ばかりだと思っていたのです。

しかし、最近はそうでもない様子。

実際に登録をして掲示板を見て、マジでびっくりしたんです。

投稿してる女の子はごく普通の女の子ばっかり。

中には超カワイイ子も!

僕の周りにはいそうもいないレベルの女の子が、ハッピーメールで新しい出会いを求めてるんです。

そうなると僕の憧れ「横浜のセンスのいい子」と遊びたくなっちゃう訳で。
早速気に入った女の子にメッセを送ってみました。

初めまして!
普段は東京で生活してます。
横浜ってあまり土地勘がありません。
良かったら今度横浜の面白いところを案内してくれませんか?

こんな感じで、イイ人チックなメッセを送りまくりましたww。

すると数人の女の子からレス。

その中でもれいみちゃん(仮名、23才、女子大生)から良さげなメッセが来たんです。

プロフを見ると、僕が憧れてるような横浜にふさわしい子。

彼女のビジュアルに一発でホレました。

こんな子と元町を歩きてぇ〜。
あわよくばそのままラブホに行って、この美BODYを自由にしてしまいたい。

そんな、妄想が頭をよぎります。

メッセのやり取りをしていると、この妄想も夢ではなさそうな雰囲気に…

彼女の方から

「今度の土曜日、デートしちゃいません?」

神奈川のイケてる女子からデートの誘いが来てドキドキ

女の子から誘われると、嬉しいもんですね。

デートという言葉には、どこまで含まれているのか?
ついつい期待が膨らんでしまいます。

当日、待ち合わせ場所の元町「LENTO」というカフェに向かいました。

お店は彼女の指定。
しかし店に入った瞬間、僕はたじろぎました。

自分では絶対選ばないようなオシャレなカフェ。

カフェ

店の雰囲気に緊張がMAX。
店内を見回すと、すでにれいみちゃんは来ていました。

おお〜!プロフ以上のビジュアル!

彼女の第一印象はこんな感じ。

でっかい犬を連れて元町を散歩してそうな女の子です。

生粋のハマっ子で、大学はすぐ近くの山手にある学校とのこと。

そんな彼女に横浜の街をエスコートしてもらいました。

ルックス通りに、オシャレな所ばかりを教えてくれます。

意外だったのが、横浜橋商店街の近くにある磯村屋っていう駄菓子屋。

昔からある普通の駄菓子屋さんで一緒に焼きそばを食べました。
その美味しさにビックリ!

「ね?美味しいデショ?ここの焼きそば、子供の頃から大好物なの!」

さらに、目をキラキラさせならが

「ここのお店ね、今日一番あなたを連れて来たかったお店かもしれない!」

小学生の頃からのお気に入りの店なのだとか。

一気に親近感が湧きました。
意外な面を見た気がして、僕はますますれいみちゃんの事が気に入ってしまったのです。

まる一日、横浜デートを楽しんで、その後二人は…

一日横浜の街をブラブラしたので、夕方には結構疲れてしまいました。

喉も乾いたよねって事で、これまたれいみちゃん御用達の野毛にあるショットバー「ワンズオウン」というお店に。

れいみちゃん、お酒はあまり強くないそう。

案の定、すぐに酔いが回ってちょっと具合悪そうにしています。

「ちょっとどこかで休んでいく?」

「ゴメンなさい・・・。せっかく横浜まで来てくれたのに」

具合が悪いのに、気を遣う優しいれいみちゃん。

そのまま桜木町の近くの「フェアリーウィンク」というラブホに入りました。

れいみちゃんをベッドに寝かせて、僕は看病。

気が付くと夜中の2時を回っています。
当然電車は終わり。

僕は朝までれいみちゃんを看病をしていようと決意しました。

しかし、僕も疲れていたのでしょう。
気が付くとれいみちゃんの横で寝入ってしまったんです。

ふと目を覚ますと、れいみちゃんが笑いながらこちらを見ています。

美人の顔がすぐ横にあったから、かなりビックリしちゃいました。

ラブホにいて、看病だけで終わるわけがなかった!

「本当にごめんなさい。アタシのせいでせっかくの休日がこんな事になってしまって…」

また僕に謝ります。

「そんな気にしないでよ」

ふと目があい、自然な流れでキス。

その後、どちらからともなく求め会いました。

まさかこんな僕が、憧れの横浜でセンスの良い美女を抱くなんて!
これ以上嬉しい事はありません。

れいみちゃんによると、会った瞬間から僕の優しいところに惹かれてしまった、のだそう。

本当はこうなる事を覚悟で、お酒が弱いのにバーに誘ったようです。

男として、嬉しい限り。

今も頻繁に会ってセックスしています。
彼女がいるからセフレって事なんですけどね…

ひょっとしたら、れいみちゃんは僕の事を彼氏と思っているかもしれません。

果たしてれいみちゃんと僕の関係、この後どうなるのでしょう?

-ハッピーメール, 横浜で出会ったセフレ

Copyright© MBA blog , 2022 All Rights Reserved.