神奈川・横浜のセフレ体験談

MBA blog

セフレの作り方 ハッピーメール

横浜の名門女子大生をセフレにしたい!

更新日:

横浜は名門女子大が多い事で有名。

例えば、フェ◯ス女学院とか東◯英和女学院とか…

元町あたりを歩いていると、オシャレなお嬢様が目につきます。

あんなハイソな女子大生とセックスしてぇ…僕はいつもそう思ってました。

  • 名門女子大生ってどんなセックスをするんだろう?
  • 名門女子大生もセフレになってくれるだろうか?

街中で女子大生らしき女の子を見つけると、こんな事ばかり考えてしまいます。

なかなかお目にかかれない名門女子大生は、意外にも…

営業車に乗って同僚と横浜の街を走っていた時。

赤信号で止まった交差点で、フェ◯スの女子大生であろう女の子を見かけました。

「なあ、あんなのをセフレに出来たらいいよな〜」

僕がそう言うと、同僚は間髪入れず

「出来るよ、フツーに」

あまりにも簡単に言うので、僕の頭の中は「??」だらけ。

「イマドキのフェ◯スの女の子ってフツーにハッピーメールとか使ってるよ」

彼が言うにはハッピーメールなら、名門女子大生の存在はそれほど珍しくないのだと。

何度もハッピーメールで女子大生と知り合い、今でも関係が続いていると。

遠い存在だと思っていた名門女子大生がスマホのハッピーメールを通せば簡単に出会えると言うではないですか!

早速、ハッピーメールでそれらしい女の子を探す僕。

確かにそれっぽい女の子がいるな。

プロフに大学名まで書いている女の子はいません。

でも横浜の中区や西区あたりで相手を募集している女の子の中には、元町を闊歩する名門女子大生の雰囲気を持つ女の子が実在してるんです。

これってそうじゃね?と思える女の子に片っ端からメッセを送ります。

返事をくれた女の子たちと何回かやり取りすることで、僕が憧れていた名門現役女子大生を発掘。

この時の僕は難破船から莫大なお宝を発掘した、トレジャーハンターのような気分でした。

お宝

メッセで誘うと、すぐに快諾の返事。

待ち合わせ場所の元町のスタバまではスキップ気分です。

約束のスタバに行くと、予想外の展開。

スタバの中は名門女子大生のような女の子ばっか。

れんかちゃん(仮名)は何処だろう…

キョロキョロと店内を見ていると、後ろから肩をトントンと叩かれました。

振り向くと、一人の可愛い女の子。

「れ、れんかちゃん?」

「はい、れんかです。はじめまして」

僕より年下なのに落ち着いた感じがします。

着ている服はおしゃれ。
いかにも横浜の名門女子大生って雰囲気。

スタバでしばらくお話しを。

何処に住んでるのかとか、やっぱり家には大きいピアノがあったり、不必要にデカい犬なんかいちゃったりするの?と馬鹿みたいな事ばかり聞いていました。

こんなノリが彼女にとっては新鮮だったみたい。

ニコニコしながら答えてくれます。

意気投合しちゃってるのかも…

お嬢様が相手なら、ガツガツ攻めずに余裕を見せるのがセフレゲットの秘訣

ここに来る前までは、名門女子大生をラブホに誘おうと思ってました。

しかし、失敗したら次はナシ。

僕は急遽作戦を変更して、長期戦に持ち込む事にしたんです。

その日はスタバで話をしてお開き。

LINEのIDを交換て、次のデートを約束しました。

それから僕とれんかちゃんは毎週のようにデート。

横浜八景島シーパラダイスに行ったり、みなとみらいで待ち合わせをして赤レンガ倉庫でごはんを食べたり…

気がつけば知り合ってから1ヶ月。

そろそろかな?

先日、僕の方からさりげなく手を繋いでみたけど嫌がる様子を見せません。

次のステップに進むのなら、ちょうど良いタイミングかも。

この日は映画を観に行こうと、桜木町の駅前で待ち合わせ。

女子大生と映画。
こんなシチュエーション、何年ぶりでしょう?

みなとみらいのワールドポーターにある映画館。

映画を見ている最中はポップコーンをポリポリ。

さりげなく、僕がつまんだポップコーンをれんかちゃんの口に持って行ったら、なんのためらいもなく食べてくれました。

その仕草が可愛い!

映画中は手を繋いで、その手をれんかちゃんの膝の上に。

映画の内容より太ももの柔らかさに神経が集中しちゃってます。

見終わってエレベーターに乗った時、誰もいなかったので今がチャンスと、れんかちゃんにキスをしました。

突然の展開に驚いたようで、ズルい〜!いきなり!!って軽く怒ってました。

いきなりじゃなかったらいいって事か??
僕はそう思ったのです。

横浜デートで女子大生との距離を縮める

その後、みなとみらいの観覧車に。

ゴンドラの中は隣同士で座ります。

上に近づくタイミングでさっきのキスの続き。

今回は何も言わずに、顔が離れた瞬間クスって笑っています。

これはOKって事じゃん。

そう思った僕は、更なるキス。
服の上から胸にもタッチしました。

最初は僕の手を払おうとしてましたけど、すぐにそれも諦めた彼女。

観覧車を降りた後は一気に攻め込みました。

桜木町から10分くらいの場所にあるラブホ「Dispa Resort」にGO。

ラブホですが、すごく雰囲気が良いのでセレブ女子大生を連れて行っても通用しますよ。

ラブホに入った瞬間、僕に抗議してきました。

「もう!いきなりなんだから〜!ナニ、これ?!」

もう押しまくるしかなく、

「だってれんかちゃんとエッチしたかったんだもん。もう我慢できないんだよ〜!」

そう言って抱きつきます。

口では文句を言いながらも、キスもハグも全然嫌がりません。

彼女の方からもキツく抱きしめてきました。

時間をかけた甲斐があって、女子大生とセフレになれた

れんかちゃんとのキス、オッパイ、濡れたアソコ。
どれを取っても最高!

憧れだった名門女子大生とセックスが出来ちゃいました。

今では完全にセフレ関係。

お互いにセックスがしたい時にLINEで連絡を取り合います。

「今日軽くセクしない〜?!」

これって、名門女子大生の送るメッセなんでしょうか??

名門女子大生だってセックスは大好きなんですねww。

-セフレの作り方, ハッピーメール

Copyright© MBA blog , 2022 All Rights Reserved.